サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

WSL、JPSAなど国内、海外のコンテストリポートや開催予定、エントリーに関する情報など

コンテスト

究極のチューブライドコンテスト『Rip Curl Cup Padang Padang』が開催された!

PHOTO: © Rip Curl/Joey Griffiths現地時間7月22日、バリ島・パダンパダンを舞台とした究極のチューブライドコンテス『Rip Curl Cup Padang Padang』が公式6-8ftレンジのパーフェクトコンディションで開催!ミック・ファニングが選出したインターナショナル枠の一人、南アフリカ出身でオアフ島・ノースショアで育った23歳のベンジ・ブランドが16名のサーフ…

続きを読む >

コンテスト

東日本大震災後初の福島のJPSAイベント ロングボード第4戦『北泉プロ』を制したのは?

2011年3月11日に発生した東日本大震災以前は数々のコンテストの開催地として東北を代表するブレイクだった福島県・北泉。あれから8年、徐々に復興が進んでビーチや周辺の施設も整備され始めています。市は原発事故後の放射線量測定を続け、海水の安全性などが確保できたとして2019年7月には海水浴場が再開。サーファーも増え始め、NSA主催の「東日本サーフィン選手権大会」が2年連続で開催。そして、遂に震災後初…

続きを読む >

コンテスト

CT第6戦『Corona Open J-Bay』はガブリエル&カリッサが優勝!

PHOTO: © WSL/Sloane2017年、2018年と2年連続でフィリッペ・トレド(BRA)が圧倒的な強さを見せていた南アフリカの「J-bay」を舞台としたCT第6戦『Corona Open J-Bay』今年もフィリッペは強かったものの、土壇場でセバスチャン・ズィーツ(HAW)を逆転したQFがピークとなってしまい、SFで勢いがあったイタロ・フェレイラ(BRA)に敗退。念願のCT初優勝も秒読…

続きを読む >

コンテスト

CT第6戦『Corona Open J-Bay』ベスト8が決定!ランキングに変化も!

コロへ・アンディーノPHOTO: © WSL/Tostee現地時間7月17日、南アフリカの「J-bay」で開催中のCT第6戦『Corona Open J-Bay』は公式3-5ftレンジのオフショア、クリーンなコンディションでR4(Round of 16)とウィメンズのQFが進行。残り10ヒート、いよいよクライマックスが迫ってきました!コロへがジョン・ジョンからトップを奪うヒート前にコンセントレーシ…

続きを読む >

コンテスト

QS1,500『Murasaki Shonan Open』は18歳のダークホースが制した!

PHOTO: © WSL/Nishiguchiカリフォルニア・ハンティントンの「US OPEN」をモデルにサーフィンコンテストの他、スケートボード、BMXなど様々な催しが行われる『Murasaki Shonan Open』が湘南の松波地下道前で7月8日〜15日に開催。MC席は脇田貴之、水野亜彩子、田嶋鉄兵、高貫佑麻と最強の布陣。分かりやすい解説付きでライブ中継が楽しめましたが、肝心の波は台風スウェ…

続きを読む >

コンテスト

CT第6戦『Corona Open J-Bay』 五十嵐カノアがベスト16入り!

PHOTO: © WSL/Sloane南アフリカの「J-bay」で開催中のCT第6戦『Corona Open J-Bay』は2日間のレイデイを経てメンズのR3(Round of 32)から再開。新しい南西ウネリによって公式4-6ftレンジ、クセはあるものの、美しいラインナップが姿を現したこの日、マンオンマンで2つのヒートを同時進行する「オーバーラッピングヒート」を使用して16ヒートが全て終了。ウィ…

続きを読む >

コンテスト

CT第6戦『Corona Open J-Bay』開幕!

フィリッペ・トレドPHOTO: © WSL/Tostee昨年の怪我から完全復活して2位以下を大きく引き離していたジョン・ジョン・フローレンス(HAW)がまさかの退場とシーズン中盤にきて波乱が起きた今年のワールドツアー。これによってコロへ・アンディーノ(USA)、フィリッペ・トレド(BRA)、五十嵐カノア(JPN)、イタロ・フェレイラ(BRA)の4名が約5,000ポイント内におさまる僅差となり、タイ…

続きを読む >

コンテスト

2019年最初のQS10,000を制したのは?

PHOTO:© WSL/Janssens夢の舞台CTのクオリファイに最も重要なハイグレードのQS10,000。2019年は南アフリカ、カリフォルニア、スペイン、ポルトガル、ハワイ・トリプルクラウンのはハレイワ、サンセットの全6戦。初戦となる『Ballito Pro pres by O'Neill』が南アフリカの「Ballito」で開催され、現地時間7月7日に終了しました!51回目を迎える歴史あるイ…

続きを読む >

コンテスト

QS10,000『Ballito Pro』トライアルで新井洋人が優勝!

PHOTO:© WSL/Ryan Janssens現地時間6月30日、今シーズン5戦用意されているQSで最もグレードが高い10,000の初戦『Ballito Pro』の本戦出場のためのトライアルが開催され、日本の新井洋人が優勝。QS上位のみ参加出来るハイグレードのワイルドカードを獲得しました!舞台は南アフリカの「Ballito」、ファイナルではUKのルーク・ディロンがフロントサイドの3つのビッグマ…

続きを読む >

コンテスト

CT第5戦『Oi Rio Pro』ファイナルデイ フィリッペが圧倒的な強さで2連覇!

PHOTO: © WSL/Poullenot全11戦(ウィメンズは全10戦)で争われる2019年のワールドツアーも早いものでもう中盤戦。メンズはジョン・ジョン・フローレンス(HAW)が優勝2回、3位1回と頭一つ抜けた成績でカレントリーダーの座を固め始め、ウィメンズはトップ5が約2,000ポイント内におさまる僅差でステファニー・ギルモア(AUS)がトップで第5戦のブラジル・リオデジャネイロのサクアレ…

続きを読む >

コンテスト

CT第5戦『Oi Rio Pro』3日目 フィリッペ、カノア、ガブリエルなどがベスト8入り!ジョン・ジョンが負傷...

フィリッペ・トレドPHOTO: © WSL/Poullenotウェイティングピリオド初日からノンストップで進行しているブラジル・リオデジャネイロのサクアレマを舞台としたCT第5戦『Oi Rio Pro』現地時間6月22日にはメイン会場の「Itauna」でウィメンズのR3(Round of 16)、その後バックアップ会場の 「Barrinha」に移動してメンズのR4(Round of 16)が行われ…

続きを読む >

コンテスト

CT第5戦『Oi Rio Pro』2日目 五十嵐カノアがベスト16入り!

ケリー・スレーターPHOTO: © WSL/Poullenot現地時間6月21日、ブラジル・リオデジャネイロのサクアレマで開催中のCT第5戦『Oi Rio Pro』は2日続けて進行。南部を通過した低気圧の影響で予想通り大きな南南西ウネリが入ったメイン会場の「Itauna」は公式6-8ftレンジのチャレンジングなコンディション。敗者復活戦となるR2(Elimination Round)ではワイルドカ…

続きを読む >